私の住む群馬県館林

 

 

夏の暑さで有名な場所です。

 

 

今は桜が満開です。

 

 

生憎今日の真冬並みの寒さと雨で多くの桜が散ってしまうかもしれません。

 

 

花びらが舞う姿も、美しさと儚さの両方を感じる瞬間です。

 

 

桜の散り際は美しくもあり儚さもあります。

 

 

でも他人は同じように感じるとは限りません。

 

 

朝の散歩時

 

 

鳥のさえずり

 

 

木の梢にいる鳥のさえずり

 

 

 

綺麗な鳴き

 

 

何か温もりを感じるような、そんな気持ちになります。

 

 

そんな朝はラッキーな、

得した気分にもなります。

 

 

 

ですが、それは私が感じることでそう思えるものです。

 

 

 

感動や喜びは自分が感じなければ存在しないもの。

 

 

 

幸せも同じです。

 

 

 

幸せは存在するものではなく

 

 

感じるもの

 

 

 

お金があるから幸せですか?

 

 

 

手に入れ、所有することで、その状態に幸せを感じるのではないでしょうか。

 

 

 

大切なのは物理的なものではなく

 

 

 

日常の些細なことでも

幸せを感じられる豊かな感性。

 

 

 

そんな自分でいたいものです。

 

 

 

どんなに恵まれた環境であっても

あなたが感じることで

幸せは存在する。

 

 

2度とない今を楽しむこの瞬間も幸せを感じられたら素敵ですよね。

 

 

 

誰かを想ったり、美味しいもの食べたり、自然の中を散歩したり、音楽を聴いたり、

幸せを感じる毎日を過ごしたいものです。

 

 

 

アメブロも是非読んでください!

https://ameblo.jp/kiminotewa

 

 

 

 


カテゴリー: Chikashism

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください