新しい可能性、融合

新しい可能性、融合

2018-10-27 chikaz 0

 

 

手相を初体験した20年前

 

 

 

 

衝撃的な体験だった。

 

 

 

 

自分も読めるようになりたい

 

 

 

 

そう願い、手相を学び始めた

 

 

 

 

当てたいって強く思ってた。

 

 

 

 

過去を当てることで自信がついてきた。

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

みんな知りたいことは

 

 

 

 

済んだことではなく

 

 

 

 

これから起こること、発生するもの

 

 

 

 

そこで

 

 

 

 

未来もいろいろ読んだ、読み取ろうとした

 

 

 

 

もちろん、これまでの行き方の延長上にある、これから訪れるであろう未来

 

 

 

 

一年後に双子が生まれることを当てたり

 

 

 

 

一攫千金になることを当てたり

 

 

 

 

海外赴任になることを当てたり

 

 

 

 

愛する人とすでに出会っていることを当てたり

 

 

 

 

いいこと、ポジティブなことだけじゃない

 

 

 

 

別れもある、もう会えなくなる別れもある

 

 

 

 

いつか必ず来る現実

 

 

 

 

それが、まだ先なのか、もっと早く来るのか

 

 

 

 

一時、そこばかり目につき

 

 

 

 

苦しくなって手相を読めなくなった時もあった

 

 

 

 

 

きっかけは

 

 

 

 

 

婚約を済ませた同僚がいた

 

 

 

 

彼女はいつもニコニコしていた。

 

 

 

 

ある日

 

 

 

 

「手相読んで!」

 

 

 

 

そして、彼女の手相を読んだ時に

 

 

 

 

絶句してしまった。

 

 

 

 

婚約者の線に

 

 

 

 

死相

 

 

 

 

が出ていたから。

 

 

 

 

外れてくれたらいいなあっと願い

 

 

 

 

私はそれを言わなかった。

 

 

 

 

てか言えないさ、そんな可能性。

 

 

 

 

ただ、彼はバイクに乗っていると彼女は言っていた。

 

 

 

 

気をつけてね

 

 

 

 

とだけ言った覚えはある。

 

 

 

 

それから

 

 

 

 

1ヶ月後。

 

 

 

 

現実になった。

 

 

 

 

それからず〜〜〜〜っと

 

 

 

 

モヤモヤが20年続いています。

 

 

 

 

ず〜〜っと忘れられない。

 

 

 

 

手相には可能性が出ます。

 

 

 

 

 

生活環境によって変化するもの。

 

 

 

 

 

その人の手相を通して家族のこと、パートナーのことは限られた情報しか読み取れません。

 

 

 

 

 

彼氏彼女のこと、奥さんや旦那さんのことは本人の手相を読めば、はっきりとわかりますが、

 

 

 

 

そこはもどかしい。

 

 

 

 

私は今、新たな挑戦をしようと思っています。

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

四柱推命を学ぶために月2回都内へ通っています。

 

 

 

 

四柱推命は的中率はかなり高いと聞きます。

 

 

 

 

それを手相と組み合わせて融合させてもっと良い鑑定にしたいと思っています。

 

 

 

 

可能性に期待してます。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください