先日対面鑑定にお越しいただいた方の感想をアップしました。

こちらです→体験者の声

 

 

 

 

心のメンテナンス。

 

 

 

 

そうなんです、占いを主としていない手相鑑定。

 

 

 

 

それは体験してみたら、すぐにわかることですが、

 

 

 

 

言語化してどうみなさんに伝えるのか、

みなさんが、「私の鑑定に行きたい!」と響くような表現はまだまだ出来ていないと思います。

 

 

 

 

 

百聞は一見にしかず

 

 

 

 

 

百聞は一験(体験)にしかず

 

 

 

 

とでも言いましょうか😆

 

 

 

 

新しいお店、

 

 

 

例えば飲食店がオープンしたら、行ってみようと思いますよね。

 

 

 

好みに合わなかったら次はないとしても、まずは行ってみる。

 

 

 

食す、食の欲求、この行為は人間の本能です。

 

ですから、比較するならハードルは低いでしょうね。

 

 

 

でも手相となるとどうですか?

 

 

 

食べ物ではなくて、人との関わりがメインです、特に鑑定士の私と。

 

 

 

何が言いたいのか?

 

 

 

何事も自発的になってやっと意味がでてくるんです。

 

 

 

あーーだたらいいなあーー

 

 

 

行ってみたいなあーー

 

 

 

手相にも興味あるなーーー

 

 

 

 

そこから、「よし、いくぞ!」

 

 

 

となれば、そこでもう変化が発生しています。

 

 

違うことを体験するという気持ちの変化。

 

 

選択と決断が生まれる。

 

 

 

小さなことかもしれませんが、行動に移す。

 

 

 

大切です。

 

 

 

体が疲れたら、整体に行ったり、マッサージ、もみほぐしに行ったりしますよね。

 

行っても相性もあり、満足しない時もあれば、すごく満足する時もある。

 

飲食店も同じ。

 

手相も同じ、

 

合う、合わない。

 

好き、好きじゃない。

 

 

いろんなことを感じるはずです。

 

 

 

良かったら、また次回もあり。

 

 

ダメなら次はない。

 

 

シンプルに気楽にいきましょう。

 

 

 

 

 

だから、気楽にもっと手相を楽しんでもらえたらなぁーーって心から願っています。

その想いがみなさんに届くよう、これからも私の手相熱を伝えていけたらと考えています。

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 体験者の声

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください