それは誰かの人生を読み取るということに繋がる。

 

 

 

 

手を見た瞬間に、いろいろ感じることあります。

 

 

 

感じたことが事実は違うこともあります。

 

 

 

どこに特化すべきなのか

 

 

 

何を1番に伝えるのか

 

 

 

真実は真実なだけ

 

 

 

 

それに色をつけない。

 

 

 

 

事実だということ。

 

 

 

 

それが未来の可能性であるならば

 

 

 

 

それをどう受け止めていくのか

 

 

 

どう参考にするのか。

 

 

 

私は手相の魅力に取り憑かれました。

 

 

 

 

それと同時に、どうそれと向き合うのか

 

 

 

 

可能性ではあるが、真実かもしれない

 

 

 

 

自分自身の手相との対峙

 

 

 

今はそこにも重きを置いています。

 

 

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください