私は幼少時にいろんなネガティブな経験をしてきたことで、
あまり自分を出さないようにコントロールしていた時期があった。

 

 

アメリカに行ったことで、人生の転機が訪れた。

 

 

その機会を得たことも大きかったが

 

 

何より、自分で気がついたことが1番大きかったと思う

 

 

 

人生の主役は自分ってことに。

 

 

どこかでわかっていたのに、主役を演じることに違和感を感じてた。

 

 

でも、演じるんじゃなかったんだよ。

 

 

私そのものが主役。

 

 

日々いろんなこと考えるよね。

 

 

考えてもわけわからん時もあるよね。

 

 

苦しい時も、悲しい時も、嬉しい時も、幸せ感じる時もあるでしょう。

 

 

感情を抑える必要はありません。

 

 

感情を味わえばいいじゃん。

 

 

行動はその後でいい。

 

 

無理に這い上がろうとすると、大抵の場合は、かえってしんどくなる。

 

 

感情のケアーが先のような気がする。

 

 

と私は思う。

 

 

感情をちゃんと味わうことをしないと、望んでいた結果ではなくなることが多い。

 

 

そう考えると私の過去の失敗(?)の出来事もリンクすることが多い。

 

 

負の波長は負を呼ぶ。

 

 

良い波長は良いものを呼ぶ。

 

 

できれば良いものだけを選びたい

 

 

でも

 

 

そのプロセスの中で負が現れるのは、なんてことない。

 

 

 

わたしは言葉で伝えるより、感じることの方が圧倒的に多いので、鑑定にいらしたらこの意味がわかると思います。

 

 

自分を、

 

 

あたなを

 

 

感じるという感覚。

 

 

あなたの人生はあなたのもの。

 

 

あなた次第で変えられる。

 

 

だって、

 

 

今までの

 

 

これまでの自分も

 

 

自分で決めて今にいるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください