音楽。

 

 

 

今、はっきりと言えること、それはいつも音楽や歌が私の周りにはあった。

 

 

 

死んでもおかしくない大クラッシュをした時にも、

 

 

 

車のステレオは壊れず、そこから音楽だけは流れていた。

 

 

 

ふと気がつけば、いつも歌を口ずさむ自分がいた。

 

 

 

結婚を前提に付き合っていた彼女にフラれた時に、

 

 

 

宇多田ヒカルさんの「first love」は涙なくして聴けなかった。

 

 

 

そして今も音楽に囲まれている。

 

 

 

今は休んでいるけど、バンドもやっている。

 

 

 

毎週通っているカラオケバー。

 

 

 

ふと急に

 

 

 

もしかしたら、歌に携わることをした方がいいのかな?

 

 

 

と思うほど、音楽と密接してきた。

 

 

 

そんな今を楽しんでいる。

 

 

 

そして、こんな歌詞を思い出しながら、今夜も夜空を見ながら歩いてきた。

 

 

 

青空ばかりをずっと見ていたら

君が恋してくて

涙が出てきた

忘れられないよ

時間は経つけど

やっぱり好きだな

そこに理由はない

もっともらしい言葉で誰か教えてよ

出会ってしまったんだからしょうがないんだろ?

 

 

 

歌で救われたり、慰められたりした

 

 

歌は素晴らしい

 

 

 

 

ただ単にそんなことを思う。

 

 

 

そして、実際に最近関わる人がみんな音楽関係の人というのが面白い。

 

 

 

今通っているトレーニングセンターの教官は、学生の時に吹奏楽でアメリカ・フロリダのディズニーワールドで演奏をしたらしい。

先週エレキアコギを買って練習しているとか。

そして、

好きなアーティストは誰?と問おうて、
トレーニング中もそのアーティストの曲を流してくれる。

 

 

今日初めて会った新人さんも自己紹介で趣味はギターを弾くことだと言っていた。

 

 

 

類は友を呼ぶ状態。

 

 

 

最高だよ😆

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください